長谷川建築デザインオフィス株式会社

  • お気軽にお問合せください 03-3523-6063
  • メールアイコンお問合せ

ニュース

2017年|平成29年|5月吉日

新刊書、ただいま書店に平置中

15坪の平屋、森の小径木の家が特集されています。

小さな家。時をつむぐ、豊かな暮らし

 

小さな家ばかりの素敵な内容の本ですが、中でも一番小さな家がこの家。

作品のサイト 15坪の平屋|小径木ハウス

本のサイト 小さな家。時をつむぐ、豊かな暮らし

 

★ヒノキの間伐材からとれる9センチ角材だけで構造を創った、業界初、HasegawaDesign特許と実用新案取得のプロジェクトです。

 

 

2017年|平成29年|3月吉日

グーグル検索で

温熱環境

上位に位置づくようになりました!

 

『温熱環境』Hasegawa Designでは設計の際、空間づくりのコンセプトとして非常に高いプライオリティ。Googleキーワード検索『温熱環境』で弊社のサイトが上位に位置づくようになりました。特段のSEO対策を行った訳ではないのですが、25年にわたって追求してきたひとつの評価として受止めております。是非、検索してみて下さい。このサイトがヒットします。

 

http://www.interactive-concept.co.jp/onnetu/index.html

 

引続き初心と初志貫徹で極めてまいります。

 

 

2017年|平成29年|1月吉日

2017年

新年のごあいさつ

本年もよろしくおねがいします

 

本年もたくさんの居場所が完成し創作が始動します。

 

日々新たに、

皆さまと共に。

ありがとうございます。

 

一級建築士事務所

長谷川建築デザインオフィス

 

長谷川順持

 

2016.11.01

美しいキッチン特集

住まいの設計

市川の家

扶桑社から発売されました。

ライフスタイルの中心を担うキッチン

食のかたちがコミュニケーションのカタチを決める

重要な場所ですね。豊富な事例のひとつに

市川の家が大特集。

是非、お手元に取り寄せてみてください!

 

アマゾンのブックページはこちらも参照下さいませ!

 

2016.10.13

住まいの3Dしくみ図鑑

デザインの難所を徹底攻略

新しい詳細図集

エクスナレッジ社から上梓されました。

木造住宅の納まりが立体的に理解できる

画期的な特集書籍。

多くの事例が納められた労作です。現在書店に並び始めた

住まいの3Dしくみ図鑑。

是非、お手元に取り寄せてみてください!

 

アマゾンのブックページはこちらも参照下さいませ!

 

2016.08.01

建築ジャーナル8月号

相続デザイン住宅のつくり方

特集|相続税と闘う

相続税と闘う という特集が組まれました。

税が闘うものかどうかはわかりませんが 

相続はデザインできる という持論を 

住宅設計の観点から執筆しました。現在書店に並び始めた

建築ジャーナル8月号です。

他の執筆論考もとても参考になります。

是非、お手元に取り寄せてみてください!

 

 

2016.07.07

3D 間取りの教科書

長谷川デザインの仕事が多数掲載です

立体を間取りするという画期的な本

間取り図や写真では十分に理解しづらい空間の関係性やしくみなど

この特集は、わたしたちの仕事がいかに立体空間に工夫をこらせているか

その理解の一助になることでしょう。是非、お手元に取り寄せてみてください!

 

こちらのアマゾンのブックページはこちらも参照下さいませ!

 

2015.10.17と18

描き創る 創り知る 測り知る

長谷川 順持 建築デザインオフィスの仕事展

表参道の家具蔵にて個展を開催します

日時:2015年10月17(土)18(日)11時~18時

場所:表参道|家具蔵 KAGURA

住所:東京都港区南青山5-9-5

アクセス|表参道駅青山学院方向| B1出口より徒歩1分

 

展示会の両日、午後四時以降からささやかなライブを予定しています

 

チラシはこちらからダウンロードいただけます!

 

創る|【 ○描き創る ○創り知る ○測り知る 】という三つのテーマに分類し

    わたしたちの仕事のいくつかを味わっていただきます

描く|手描き原画や図面と完成住宅写真の展示

知る|大きな断面パースと実作写真の展示

測る|世界の集落や広場を同じ縮尺で比較する展示

 

主催|株式会社 カグラ|http://www.kagura.co.jp/

協力|社)建築家住宅の会|http://kenchikuka-jutaku.org/

2015.08.08

建築知識7月号

長谷川デザインの仕事が多数掲載です

立体図で空間の豊かさを伝える特集

間取り図や写真では十分に理解しづらい空間の関係性やしくみなど

この特集は、参加建築家も編集者も労力をたっぷりかけた秀作です

是非、お手元に取り寄せてみてください!

 

 

こちらのアマゾンのブックページはこちらも参照下さいませ!

 

2015.03.10

世田谷美術館で展覧会がはじまります

13人の建築家で濃厚な作品展示

豊富なイラストと模型

注文住宅の可能性を一気に愉しめる展覧会です

GWのひとときを、アートと公園散策を愉しみながら

是非、お運び下さい!

 

わたしたちの仕事は「青空階段と屋外シアターの家」

 

こちらのページも参照下さいませ!

徹底解明!!建築家住宅展|Facebookイベントページ

 

こちらのページもあわせてご覧くださいませ!

長谷川デザインFacebookイベントページ

2015.03.10

住宅金融支援機構の連載・完結致しました

最終章は「吹抜」の効用です

さまざまな吹抜の効果、そして問題点

コミュニケーションを円滑にする、太陽光線をタップリ取り込む。

空間印象を美しく新鮮に。

寛ぎをつくり交流を生み出す吹抜けに見落としがちな問題点有り!

 

是非、ドリル解いてみてください!

 

弊社サイトからもダウンロードできます。

長谷川デザインダウンロードページ

 

今回で一年通じて、全4回分いっきにダウンロードして通読をお勧めします。

2015.01.01

2015年|新春のお慶びを 申し上げます

この一年も生き活きと美しく、地にしっかり脚をつけ、

毎日を味わいましょう。

 

また、いろいろなカタチで、交流してまいりましょう。

 

本年も、なおいっそうよろしくお願いします。

 

長谷川建築デザインオフィスでは

フェイスブックのページを持っています。

 

FBに参加していないかたも、是非、ご覧ください。

 

フェイスブックページは こちらから
2014.12.08

住宅金融支援機構の連載、第三弾

子どもの部屋を考える

大人気のテーマ・子どもスペースの創りかた

建替え計画の際、そのきっかけのひとつに「固定的に作りすぎた子供部屋があります。

「子ども室が納戸になった」「一番陽当りの良い2階が誰も使っていない状態だ、、」などなど。

いつまでも活き活きと使える個室計画。失敗しない子どもの部屋計画のアイデアです。

 

是非、ドリル解いてみてください!

 

機構のサイトからダウンロードできます。

こちらからどうぞ

 

弊社サイトからもダウンロードできます。

長谷川デザインダウンロードページ

 

今回で三回目となる連載。配置計画の基本を第一回目として、二回目は玄関、階段、リビングなどのコミュニケーションを掘り下げました。

2014.10.10

好評につき、2時間の特大再放送決定です

2014年10月13日|体育の日

完成ドリームハウス

 

10月13日の体育の日!大好評につき再放送決定!  完成ドリームハウス2時間スペシャルで単独大特集された西荻窪の家。 なんと、そのまま2時間再放送されます。 テレビ東京にて|13時から|THE 鉄筋コンクリートの家  丈夫な家をいかに創るのか。ご覧ください!

 

特別枠の再放送ですから、以前のバックナンバー番組のホームページがございます

 

こちらからどうぞ

 

 

2014.09.25

日本住宅新聞の最新号

2014年9月25日号

森の小径木の家・ピースハウスが特集されています

 

ピースハウスの開発の発端から概要までコンパクトにまとめられわかりやすい特集です

 

長谷川デザインのページから全文がダウンロードが可能です

 

こちらからどうぞ

 

 

先般完成したばかりの皮職人さんの家は、総檜づくりで設計費含め1000万円以下で実現しました。いよいよ、コンビニや保育施設などに広く活用いただくキット化に着手します。ご期待ください。

2014.09.15

新しい住まいの設計最新号

2014年11・12月号

真似したいとっておきキッチンBEST 10!

カラフルでアイデア満載、人気の大キッチン特集

 

長谷川デザインからは板橋の家、家事動線を美しく!がテーマの家です。

 

対面キッチン、アイランドキッチンに新たな提案を重ねています

 

アマゾンの住まいの設計へはこちらから

 

用意するところから、片付けるという、お食事の前後の行為を楽しむこと、その残隊が「食を楽しむ」ということに広がっていますね。そして、すべての場所が食べる場所!かもしれませんね。

2014.08.25

建築知識最新号にお仕事2題特集

建築知識の労作・スペシャルディーテール集

これは驚きの特集です

腕のいい設計者が10年かけて導き出した「納まりの最適解」を1日でマスターできる、、というとんでもないタイトルですが、魅力的な図版が満載です

 

長谷川デザインからは浦和の家と世田谷の家の2題が掲載されています。

 

浦和の家はこちらにもインタビュー記事があります

こちらからどうぞ

 

アマゾンの建築知識へはこちらから

 

断面図や平面図、矩計図では立体的な取り合い、納まりがいまひとつわかりづらい、そんなストレスを解消する立体詳細図が多数掲載されていてとても参考になる特集です。

2014.08.15

住宅金融支援機構の連載、第二弾

家族の自然な出会いやふれあいを考える

住宅の課題や問題、あるいは可能性

これら全ては「コミュニケーション」にあると言い切ってしまってもよいでしょう。今回は、住まいにおける、家族の自然な出会いやふれあいを考える|というシンプルなテーマです。 是非、ドリル解いてみてください!

 

機構のサイトからダウンロードできます。

 

こちらからどうぞ

 

弊社サイトからもダウンロードできます。

 

長谷川デザインダウンロードページ

 

今回で二回目となる連載ですが、配置計画の基本を第一回目として、大好評、二回目は住宅の本質にさりげなくせまっています。

2014.07.30

家をつくろう展

世田谷美術館で展覧会します

家づくりの楽しさと多様性を存分に味わってください

一般社団法人 建築家住宅の会に所属する建築家の仲間と、写真、図面、模型、映像を駆使して一般の方々にとって理解しやすい展覧会をつくりました

 

注文住宅・自由設計、デザイナー住宅などいろいろなネーミングでよばれるわたくしたとの家づくりですが、住まい手と建築家の恊働作業でとっても多様な選択肢が存在していることが感じていただけるのではないでしょうか

 

場所|世田谷美術館

案内図はこちらから

 

こちらもご覧ください01

こちらもご覧ください02

 

家をつくろう展 7月30日、8月2日、3日 長谷川が会場に居ます! 同時開催、世田谷美術館、ジャポニズム展とともに! Check it out !!

2014.07.01

日経アーキテクチャに特集記事

地震に強いダブルセーフティ住宅

コンクリートの耐久性と木造の開放性を活かして

最新の日経アーキテクチャ|6月25日号に|休符の家が特集されました。

 

木構造の新たな展開として、木造の4号建物にコンクリートの円弧壁を挿入した『ダブルセーフティ』構造の意欲作!!!

 

日経アーキプレミアムからは誌面より豊富な画像をゲット可能!

 

詳しくはこちらから
2014.06.01

1年間の連載がはじまりました

住宅金融支援機構の季刊誌

みんなの設計ドリルです。

『住宅金融』というそのものズバリなネーミングの雑誌に、住まいづくりに役立つ情報を、問題と回答形式で学ぶドリルです。

 

こちらから、資料がDLサービスされてます。

 

ドリルって聞くと、

昔を思い出してドキッとしますよね(笑)でも、これは楽しいて気軽なドリルです。トライしてください!

 

2014.05.18

とっておき 住宅デザイン図鑑|長谷川が執筆した書籍が発刊されました

写真と図版が盛り沢山

心地よい住まいをつくるルール200

コミュニケーション、場所、素材、性能、そして、プロポーションや形。美しい、居心地のよい場所づくりには、ポイントがあります。理解しやすいように分類し、豊富な写真と図面で解説したヴィジュアル図鑑です。

 

・1章 家の良し悪しは外のつくりが決め手

・2章 居心地を左右する動線、階段、廊下

・3章 自分らしさをつくる部屋のひと工夫

・4章 コミュニケーションを生み出す仕掛け

・5章 夏も冬も快適で心地よい家のつくり方

・6章 キッチン・浴室は癒し+機能性が大事

・7章 片付く家のしくみとしつらえのコツ

・8章 真の豊かさは手ざわり、足さわりから

などなど全8章からなる充実の書籍です

詳しくはこちらから
2014.05.15

2時間スペシャル番組に紹介されます

日曜ビックバラエティ・完成ドリームハウス

空間に妥協せず、丈夫なコンクリートの家を極める!

本当に“安全”で“頑丈”な家とは何なのか?“頑丈さ”と“暮らしやすさ”は両立するのか?そんな疑問に家づくりから迫ります。そして、施主の家族の夢と希望が詰まった頑丈でありながら大開口で明るい新居が、いま完成する。

番組の紹介ページはこちらから http://www.tv-tokyo.co.jp/sun/

5月18日 日曜日

テレビ東京|日曜ビックバラエティ|完成ドリームハウス

夜19:54から2時間スペシャル、長谷川デザインの仕事、単独放映です。

 

関連ホームページ01

 

関連ホームページ02

 

関連ホームページ03

 

2014.04.23

2015年のカレンダー!

もう来年のカレンダーに作品が掲載です!

現代住宅2015

もう4月も終盤、驚くほど早く過ぎる月日を助長するかのように、

来年のカレンダーが贈られてきました。

逗子に設計したしっとりとした「和」テイストの住宅が採用されています。現代住宅2015。

文具店や書店に夏以降から置かれるのでしょうか。

 

こちらもご覧ください
2014.04.25

森の小径木の家|新聞の1面2面に掲載されました。

新しいライフスタイルを創る

素人でも建設に加われるシンプル工法

日本の木造住宅に新たな選択肢を創りだす、そのミッションで育ててきた工法が、なんと新たに開発したシンプルジョイント効果で素人でもかなりの部分まで建設に参加できる工法が生まれました。その実証を示すイベントの記事が新建ハウジング4月20日の新聞に取材されました。今年の秋くらいには多くの方々に選んでいただけるように手引きを整えクリエイティブな住宅づくりの空間ソースとしてリリースします。ご期待ください。

 

現場の様子をご覧ください01

 

現場の様子をご覧ください02
2014.04.23

2015年のカレンダー!

もう来年のカレンダーに作品が掲載です!

現代住宅2015

もう4月も終盤、驚くほど早く過ぎる月日を助長するかのように、

来年のカレンダーが贈られてきました。

逗子に設計したしっとりとした「和」テイストの住宅が採用されています。現代住宅2015。

文具店や書店に夏以降から置かれるのでしょうか。

 

こちらもご覧ください
2014.04.20

リクルートの雑載に掲載されています

表紙の家セレクション12

月刊ハウジング6月号|表紙を飾った家特集

リクルートのスーモがプロデュースする月刊誌、大変な出版部数を誇るHOUSINGという雑誌。

年に12軒の住まいが表紙を飾ります。

そのセレクションが特集になって一同に掲載された6月号が出ました。

書店でお手に取ってみてください。

 

アマゾンのサイトはこちらから
2014.04.19

こころときめくシリーズ2册|長谷川デザインの作品が3題掲載されています

カワイイ装丁の本デビュー

心ときめく部屋づくり・間取り

本の厚さに負けないほどの厚みと深みあるシリーズです

■もくじ 1章 眺めのいい部屋が欲しい

2章 外部と室内をつなげたい

3章 美しい緑と触れ合いたい

4章 美しい木の家に住みたい

5章 家に広がりを感じたい

6章 美しく収納したい

7章 キッチンを家の主役にしたい

8章 多世帯で仲良く暮らしたい

9章 長く住める家にしたい

10章 エコナ暮らしを大切にしたい

11章 納得コストで理想の家に

 

間取りはこちらから

 

部屋づくりはこちらから
2014.02.10

家の図鑑|長谷川が共同執筆した書籍が好評発売中!

ビジュアルの美しい本ができました

PICTURE BOOK OF HOUSES

 

家の建ち方

家族の生活を育む

癒しの水廻り

暮らしを彩る

屋外も家の一部

家の顔を整える

移動と採光にアイデアを

こだわりの魅力

 

などなど全八章からなる充実の書籍です

 

詳しくはこちらから

 

2013.08.01

相続デザインセミナー|プロフェッショナル士業のコラボ

私たちの活動が、新聞の一面・二面に取り上げられました。

相続デザイン宣言

 

暮らすことは  生きること

生きることは  創ること

これから創る資産を

創りあげた資産を

自分らしく 未来に伝え・つなげる

美しく わたしたちが デザインします

 

資料等がダウンロードできます。

 

詳しくはこちらから

 

関連サイトはこちらから
2013.07.25
ニュース画像

my HOME+|VOL.33|2013 SUMMER

この夏の掲載書籍です!設計させていただいた住宅が紹介されています!

 

とっても楽しい住まいが、掲載されています。こどもと暮らす、家族で暮らす。ペットと暮らす、大家族で暮らす。 どんなスタイルであっても、共通するのは「暮らしごこち」です。 暮らしごこちのよい住まい。それは、自分が大切にしていることがカタチになった住まいといえるでしょう 実例から「自分らしさ」発見へのメッセージが届いたら嬉しいです。

 

お申し込みはこちらから

 

この住まいです。詳しくはこちらから
2013.06.04
ニュース画像

イベントの情報です

ワールドカフェを開催します|6月16日(日曜日)

 

「自分の働く・訪れる・住む」=「暮らす」街を 自身で考え創れるとした時、

皆さんならどうしますか!

浮世絵にの「エド」にインスパイアされながら、都市生活空間のこれからを、

自分ごととして考え、自由にアイデアを創出しましょう

14:30 受付開始

 

15:00 講師|牧野健太郎|浮世絵の伝道師|NHKプロモーション

  「浮世絵を味わい、現代(これから)を想う!」

16:00 ワールドカフェ開始

            

ファシリテーター|長谷川順持|建築家

 

 

詳しくははこちらから|資料がダウンロードできます
2013.05.25
ニュース画像

建物探訪|新たな住まい

テレビ朝日|6月7日放送です!朝4時半、録画して観てね!

 

回遊を誘う徘徊住宅!ボルダリングハウスに、渡辺篤史さんが訪ねてきました。

そう、昨年の秋に引き続いて、新たな住まいの「建物探訪」の取材です。

 

以降、各エリアで下記のスケジュールで放映されます

○BS朝日|7/27土曜日|17:30〜  8/28|水曜日|05:55〜

○熊本|熊本朝日放送|10/19|土曜日|09:30〜

○山口|山口朝日放送|6/15|土曜日|11:00〜

○長野|長野朝日放送|6/15|土曜日|10:35〜

○福島|福島放送|7/27|土曜日|6:30〜

○新潟|新潟テレビ21|6/15|土曜日|10:55〜

その他、テレビ朝日のウェブサイトかテレビ局にお問い合わせください!

 

詳しくははこちらから
2013.04.04
ニュース画像

世界でいちばん住みたい住みたい間取り|ポケットに入るカワイイ本|エクスナレッジ社から

間取り・平面計画のポイントがわかりやすい!

 

第1章|オープンな間取りで居心地のよい家

第2章|広がりを生かす・感じる間取りのつくり方

第3章|庭のある間取り

第4章|心地のよい家をつくる間取りの新提案

 

4章に長谷川デザイン設計のお仕事がたっぷり掲載されています。 お申し込みはこちらから
2013.04.01
ニュース画像

東京の注文住宅|リクルートから

設計させていただいた住宅が紹介されています!

 

昨年の夏、冷房を使わずに過ごせた!とお客様から報告があった「夏涼しいパッシブハウス」。。 極寒だったこの冬も、三階建ての2・3階はエアコン暖房を夜半から少々しか使わなかったそう。

 

Is it true ?! という性能です。 お申し込みはこちらから

 

この住まいです。詳しくはこちらから
2013.03.13
ニュース画像

間取りのマルとバツ

お手伝いした本が出ました!作品も掲載。今春は続々と掲載本が出ます!

 

これは「強力」な間取り本。敷地、家族構成などを同じ条件ながら、暮らしやすい間取りとそうでない間取りが、すべてに説明付きで掲載されています。 裏話ですが、悪い間取りをこしらえるのは、建築家にとってなかなか手強い仕事でした。

 

空間写真も豊富、貴重な一冊です。 お申し込みはこちらから
2013.03.10
ニュース画像

126 家族の間取り

長谷川デザインの作品が掲載されています。

 

間取りには、生活空間のエッセンスがつまっています。

 

それぞれお住まいの方の顔が異なるように、間取りもそれぞれこんなにユニークにでそろう、改めて注文住宅が楽しくなります。

 

空間写真も豊富な一冊です。 お申し込みはこちらから
2013.01.29
ニュース画像

ザ・ハウス × 長谷川順持建築デザインオフィス 共同主催

郊外型、都市型、2つの家の住まい手から生の声を聞く『建築家住宅なっとく体験会』

 

ザ・ハウス社にコーディネートいただいた、弊社設計の2組のお客様から、 建築家住宅の住み心地を直接聞いてみませんか?

 

タイプの異なる2つの住宅の住まい手から、 直接建築家住宅の住み心地を聞けるまたとないチャンスです。 極寒のこの季節、日中にほとんど電気を使わない快適な居心地。

 

この2つの家で採用されたどまだんシステムも体験できます。

 

お申し込みはこちらから
2012.12.06
ニュース画像

大やねの住まい、いよいよ完成です!

ベジタブルハウス「集落のような2世帯住宅」リニューアルしました!

 

小川の流れる広大な敷地、その大自然と呼応するような大きな屋根。2世帯住宅を、それぞれ個別に、 それぞれの個性を活かして設計しながらもあたかも「傘をさしかけるように」大きな屋根を重ねました。

 

この住まいの詳細はこちらから
    
2012.10.03
ニュース画像

渡辺篤史の建物探訪、いよいよ放送です!

ファイブゲートハウスこと、つくばみらいの「アートと暮らす家」

テレビ朝日

10月19日 朝4時半  BS朝日ではその後、ひと月遅れで放送です。

住まい手が、活き活きと暮らす様子が伝わってきます、お楽しみに。

撮影風景はこちらから  

この住まいの詳細はこちらから

  
2012.08.01
ニュース画像

『7つの性能で創る』をリニューアルしました

建物の性能が注目される今

建築物の性能はとかく「数字」で表現されるため

一般の方々は「ややお手上げ、、、専門家にお任せします」という状態

日々の暮らしを豊かな気持ちに導かなければ

その性能を目指す意味はありません

わたしたちが指標とする「7つの性能」は、広義な考えに基づいています

もう一度、原点に戻り、性能を深く掘り下げてみましょう  

ボリュームのあるページです。じっくり取り組んでみて下さい。

photo|夏の日射はしっかり遮ってこそQ値性能が活きる

詳しくはこちらから
  
2012.07.08
ニュース画像

渡辺篤史さんが訪ねてきました!

建物探訪の取材|そのメイキング風景です!

ファイブゲートハウスこと、つくばみらいの「アートと暮らす家」に、

渡辺篤史さんが訪ねてきました。

なああんだ、長谷川さんの作品だったかああ、

いいねー、のびのびとした、ほんとうに気持ちのよい開放的な住まいだね!

あいかわらずの「超肯定主義」、、、、、詳しくはこちらから

2012.05.31
ニュース画像

渡辺篤史さんと語ろう!考えよう!楽しもう!建築家住宅|レポート

渡辺篤史さんをお招きしてのライブトーク

先日、開催したイベントのレポートをアップしました。

渡辺篤史さんが1200という破格な数の建物を探訪し、そして、住まい手に直にお会いしてきた24年という歳月。氏は建築家の生み出す空間と、そこで営まれる生活に、何を見いだしてきたのか、、その一端が伺えます。

      

VOL01ブログは「語ろう・考えよう」|>VOL01こちらから

      

VOL02ブログは「楽しもう」|>VOL02こちらから

2012.05.13
ニュース画像

性価値住宅02|音楽好きファミリー・街角のサウンドボックス

新しい感性価値住宅、アップしました!

住まい全体が音楽ボックス。どの部屋もピアノのある大きな音楽室の傍らを通過する構成。 演奏会も可能なプランニングが感性をくすぐります。グランドピアノは上から見ると、 かくも美しい芸術作品出ることを再認識できる住宅です。

音楽好きファミリー・街角のサウンドボックス|こちらから

2012.05.12
ニュース画像

暮らし × デザイン = 快適  リビングトークセミナーが開催されます!

ひとつの敷地でこんなに豊富な可能性が!!

素敵な家具に囲まれたリビングルームのような場所で、リビングトークセミナーをおこないます。

お客様の住まいへの思いが空間や間取りに結ばれていく、住まいがかたちになるまでの、実際のプロセスをゆるーく

わかりやすく、解説します。

リビングトークセミナー「すまいが「かたち」になるまで」

●場所|表参道|家具蔵  ●日時|5月12日(土)午前11時から13時まで

トークゲスト

長谷川順持|村山隆司|石井秀樹

主催|家具蔵(かぐら)|ホームページはこちらから

後援|建築家住宅の会|トーキョーインタラクティブ 

詳細はこちら

2012.05.05
ニュース画像

サイトにあらたなページが追加されました

問題解決力

集合住宅 03|M・CASA 賃貸集合住宅  詳しくはこちらから   

モデルハウス・オフィスを創る      詳しくはこちらから

商業建築02|さまざまな商業施設     詳しくはこちらから

長谷川建築デザインオフィスの「Face Book ページ」サイトができました。  こちらから

2012.03.09
ニュース画像

ぬくぬく温々体験会2012冬・開催

この寒い冬にこの快適さは軌跡、、、
こうおっしゃっていただけるのは住まい手のお母様。どまだんの家のはじめての冬をむかえました。 お隣にお住まいになる娘さん夫婦はこのお母さんの新居に遊びに来ると帰りたくなくなるそう。聞き及んでいた暖かさ、 あるいはこれまでの他の方のお宅での温々体験を経験しての入居にも関わらず、じっさいの我が家での暮らしは、それらの体験を超越する幸せあふれるものでした。  

詳細はこちら

2011.10.13
ニュース画像 ニュース画像

グッドデザインアワード2011

グッドデザイン賞を受賞!|森と住処を結ぶ「小径木だけで創る」空間システム
本年、弊社は林野庁『森林整備加速化・林業再生事業』の研究開発事業に取り組んで参りました。 この空間システムは、その研究成果を基に、「林業再生を促すデザイン」として開発したものです。既に、 「ユーザー・住まい手」と「山・森に関わるつくり手」相互に、現実的な活動がスタートしています。 このシステムの技術的な範疇に限定し、グッドデザイン賞に提出したところ、このたびの受賞に結ばれました。 ここまでに、すでに様々な方々との対話がなされてきた仕事のあらわれとして、多くの方々の応援の声と共に前進中です。   

詳細はこちら

PAGE TOP