長谷川建築デザインオフィス株式会社

  • お気軽にお問合せください 03-3523-6063
  • メールアイコンお問合せ

ユニークプロジェクト

建築空間をことばでつかみ出すのはなかなか難しいですね。もし、どこかの建築空間に身をおき、 「この空間の印象は?」と問われたとしたら、皆さんはどのような回答をしますか?「明るい」とか「開放感がある」または、 「和風」や「洋風」そして「モダン」などなど。実際、これらは空間の性質であったり様式であったり、切り口が異なるものです。 各人の空間体験やデザインボキャブラリーから語られるこれらは、さまざまです。ここに長谷川デザインとともに創作された主に住宅建築で「このような雰囲気がいいです」 と共感が多かったお仕事を私たち独自の視点でグルーピングしてみました。「テイスト」では括りきれないグループ分けですが、 味わっていただこうという意味での「テイスト」です。

高齢者同居・2世帯・大きな家01|瀬戸内を眺める住まい

メイン写真

2世帯住宅、とりわけ、高齢者同居の住まいは、今後重要度を増します。 この住まいは、豊かな広さを活かして、2世帯の結び目に小さな中庭を創り緩やかなプライバシーを演出しています。

高齢者同居・2世帯・大きな家02|開放的な中庭の家

メイン写真

コンビニの駐車場、民間の大駐車場、高層マンション。大きな敷地ながらもプライバシーの確保が難しい敷地の大家族の家。空中ブリッジを活かした解決方法に注目下さい。

高齢者同居・2世帯・大きな家03|参道の緑を借景する家

メイン写真

太陽光発電、全館輻射冷暖房など先進装備を持ちながら周囲の風景や陽射、風通などを取り込んだパッシブハウス。参道の美しい深い常緑がこころをリラックスしてくれる借景手法。

高齢者同居・2世帯・大きな家04|街角のパッシブハウス

メイン写真

父母の家は広い土間コミュニティ、子世帯の家はソラに向かう階段が美しい。酷暑にエアコンを数回しか使わないという報告をいただいた真東向きの家を涼しくするパッシブ手法の成功事例。