長谷川建築デザインオフィス株式会社

  • お気軽にお問合せください 03-3523-6063
  • メールアイコンお問合せ

問題解決力

集合住宅を創る

 

生活環境の向上を促すうえで、現代において重要な位置づけを成す集合住宅。分譲、賃貸という商業的な視点はもとより、 価値判断の多様な住まい手に応え、多くの世帯の安全や健康を担保し、街の活気に応答し、また良好な町並みに貢献するなど、 集合住宅の担う役割は大きく深い。先人の論を持ち出すまでもなく、戸建て住宅に比べ社会的な判断を伴う建築物です。 集まって住まう場所・集合住宅、しかし日本における歴史は、そう長いものではありません。ここに、私たちの取り組みを具体的に紹介します。

完成前に満室|高津プロジェクト

メイン写真

賃貸集合住宅の商業的な成功はトータルバランスです。その中で避け難く影響を及ぼすのは、 もちろん立地です。ただ、それだけでは周囲にライバルの多い収益建築として勝利を得られません。 デザイン×マーケティングの成功事例です。

マーケティング×基本イメージ|事業収支までの事例紹介

メイン写真

賃貸事業のメインストリーム・集合住宅による事業計画。         詳しい不動産企画は専門書に任せて、 私共がマーケティング企業と恊働し、オーナー及び入居者に向け、 どのような創作プロセスを経るのか。一般的な実例を紹介します。

スケルトン・インフィルの徹底分離|エム・カーサ

メイン写真

スケルトンとは構造体。動かせない部分です。インフィルとは 設備系で修繕や更新が必要な箇所。長期の事業収支に裏付けられた建築は 未来に用途を変更させられる可能性が重要。移動できる壁・自由に変更できる 水回り。S・I徹底分離の事例です。

土地の特徴を際立てる|サクラキャナルコート

メイン写真

戸建て住宅が建ち並ぶ既存の町並みに、低層の集合住宅を計画する際に大切にしたいのは 「馴染み」です。馴染ませることは簡単ではありませんが、それまでその計画地の周辺が担っていた 風景や特徴をいかに継承するかに傾注したプロジェクトです。